読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

東方神起の正しい愛しかた2

なんというか
なんで、まだTVXQについて書いているのか自分でもわからないが

とりあえず、自分のブログなど見ている人もごく少数だろうし
気になっていることをただ書きとめておこうと思っている

韓国のファンダムの激烈さは、これまで見てのとおり
で、日本もこれに習う姿勢を見せて、ただし日本ファンダム特有の問題もあるようで
ファン同士のいがみ合いは、裁判が終わるまで、あるいは終わっても永遠に続くのかもしれない
時が経てば、沈静化はするだろうが、まだ今の時点では、戦いは継続中?
思うに、なぜ、これほどまでに魔女狩りが進行しているのだろうか

それも、これも東方神起というグループがファンの絶大なる愛を得ているからには違いない
アジア全域はおろか、世界中のファンが
神に魅入られたのか
呪文をかけられたのか
解けない暗号を必死に探している
この東方神起というグループへの愛ゆえに
その対象は2人なのか、3人なのか、はたまた5人なのか、一人一人なのか、それとも「東方神起」という名前がなせるわざなのか?

私には一つ疑問がある
それは、日本の多くのファンがひとつのブログの周辺に
あまりにも「真実」を頼りすぎていないか、ということだ

たしかにそのブログは多くの事を検証している
でもブログはブログである
そしてそのブログに対する反証のブログも存在する
しかしそれも、ブログに過ぎない

単なるブログを正誤の判定に利用することに対しての懐疑はないのか?
最近では大学教授や研究者のブログを、大学などの研究資料に使用する例も少なくもないが
その場合は学会などには発表していなくとも、データや、他の客観的な研究資料を提示していることや
反対意見をフェアに提示してみせることも重要とされるけれど
しかしながら、ネットで意見を交わすファン同士は皆は別に研究でもしようというわけでもないのだから、
そのブログに、そういう内容を期待するべきでも無いだろう

しかしそのブログをよりどころとするファンの行う正誤判定によって、魔女裁判にかけられる他のファンがいるのは、はたで見ていても、なんともやりきれない

そのブログの立場は非常に明らかで、それに賛成だという意見が多い
そこまではいいが、なぜ、それを他の道、いわゆるお花畑と呼ばれる、5人の東方神起、あるいは東方神起であった5人全てを応援する道を選んでいるファンにまで、覚醒しろだとか、押し付ける口調になるのかが気になる

「悪い3人の影を二人の東方神起から追い払い、正しい二人を守り、5人時代に別れを告げさせたい」という並々ならぬ意思は感じられる。そう明言する方ももちろん居る

それには5人にこだわるお花畑ファンが邪魔と言うわけなのだろうか?ネット上をさまよっていると「花畑」を撲滅する、というような過激発言まで飛び出していて驚いてしまった

改めて言う必要もないかもしれないが
事実と真実は違う
また情報について言えば
恣意性の全く無い情報というものは存在しない
というより、完全に客観性のみの情報というものは存在しないだろう

ニュースや報道は客観性をある程度標榜しなくてはならないがそれらにすら
何らかの恣意は必ず存在している

ありとあらゆる情報が何らかの恣意をもっていることは
ショッキングな報道が売りのCNN等ニュース番組などが日常的に流れる
アメリカで暮らしている私には朝飯前の世界なんだけど...
ニュースすら「ショー」なのだから
日本ではちょっと事情が違うかもしれないが...

事実と「真実」の間には相応の隔たりがあることと、事実を「真実」に置き換えるのは
人間の精神作用でしかない
つまり人間の数だけ「真実」は存在するという基本はどうしてくれようか?

心理学やコミュニケーション理論のほんの初歩的な話だから
これを、認識されている方は多いと思うのだが、どうも東方神起の場合は
事実や情報、それから主観的な真実がごちゃごちゃになっているし
何を持って事実としているのかもそもそも不明、情報ソースも不確かなものが多い
加えて翻訳と、韓国の文化的背景も絡まり合っているから厄介なのだが..

たとえば、これが中世であれば、りんごが落ちることは事実だが
それで、地球が平らではないと唱えるなら
教会から悪魔と呼ばれ裁判にかけられる

それどころか、りんごが落ちると言っただけでも
悪いものとみなされることもあるかもしれない
「真実」が一人歩きすることは非常に怖いことだ

韓国のネット掲示板で叩かれて、自殺にまで至った芸能人がいったい何人いるんだろう?日本でも一般人が掲示板やプロフなどの件で自殺に追い込まれたりしている。そういう中で、何か情報を得たときに、一旦そこから距離をおいて考えるということは重要ではないのか?もっと言うと自分で正しいか正しくないか決めることはもちろんいいとして、しかし自分の斟酌によって他人の正しさまでどうやって決められる?

怒られるかもしれないが、私は特に、芸能人やミュージシャンが正しいか正しくないかには、あまり興味が無い
裁判所が出してくれる判定だけで充分ではないか?それすら、自分が「愛」を感じる邪魔にはならない

昔の話で恐縮だが、ミスチルの桜井君が、糟糠の妻をすてて
ギリギリガールズだか、なんだかに走ったとき、そんな奴は人間のクズだから
もう桜井君の歌は聞かない、と、言う考えをもった人も居るのかもしれない
それ自体は、いい

だがそれを桜井くんの音楽を聞きたい他のファンに強いることはまた違うのではないか?
私は桜井君の音楽が好きだし、だから彼に惚れている 誰にも邪魔されたくない

あるTVXQファンがネットでこのように言っていたと記憶している
「私はホミンが正しいから愛する。愛しているからその人が正しいというのではない」

それもしかり。それが彼女の愛なのだろう
でも、あえて一言いわせてもらえば
少なくとも私は正しさと言う基準で「愛」を管理できると思ったことが無い、いや違う..語弊があるな
いろいろ紆余曲折の上、年取ってようやくそんな結論に達したといったほうが適切か

どんなに正しくなくてもその人を愛することは、ある
対象が芸能人であれば、そのパフォーマンスを、音楽を愛することがある
どんなに正しい、正しくないを説かれても、5人の東方神起に恋をした人には5人全てが愛しいに違いない
この先、5人神起が復活することが例えなかったとしても、それを覚悟しながらも少しは期待もして、5人全てを愛して、現在の、そして過去に彼らがくれたパフォーマンスの全てに感謝をし、親愛の情を示すことは「正しくないから」という理由で本当に排除されるべきことなのだろうか?

JYJ、ホミンそれぞれの尺度での正しさや、真実があるはずではないのか?同時に誤解や嘘や、色々な‘不都合な真実’も?100%の正義というのは、本当に存在する?何より真実はどうしてもひとつでなければならない?

TVXQの動画はちょっとおやすみして、高橋優さんの
「誰がために鐘はなる」貼っておきます
彼の歌、最近のJ歌詞のなかで、際立って秀逸ですが、特に東方神起問題を考えているとこの曲の歌詞がすごく迫ってくるんですよ...ライブなので、ギターの音質が残念なところがあるのですが、声もスゴイです。