読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

東方神起とJYJのこれから

今日はちょっと気を取り直してまじめに、かつポジティブにいこうと思うんですが、途中脱線するかもです
先日はちょっとイジッてしまいましたが東方神起とJYJに期待していること..

まず、2幕神起を一言でいうなら真正なるSMPの継承者であり、王道パフォーマー。

彼らがK-POPの王者であることを見せつけたカムバックも良かったんですが、
それにプラスアルファとして、新しいアルバムの井上慎二郎氏作品によるJ-POP回帰に涙したファンも
多かったんではないでしょうか?

美し〜メロディーに切ない詩。
ユ・ヨンジンさんがKーPOPシアターの怪物とすれば、井上さんはJ-Pop「切なさ」の仕掛け人ですね
「Duet」いいですよ。ものすごお〜くキャッチー...
彼についていろいろおっしゃる方もいらっしゃいましょうが作品は別物。
どんなシチュエーションだろうが、完璧なまでの「切なさ」の描き出しぶり。これがプロってもんですね。

2人の可能性というと、今のDuoの形態は、現在のK-POPの定番とも言える、人数の多さで見せるボーイバンドのなかではちょっと異色。だから、しばらくはこの路線がいいのかなと思います。(まさにひょうたんからコマの世界です。)日本は2人組ユニット、定番の伝家の宝刀だし。でもさ、SMさん、まじに北米では「ガチゲイ路線」でいこうと思ってんのでしょうか?あの北米仕様ビズ...逆Tatooかっつーの(知らないあなたは知らないロシアの「レズ偽装」ガールユニット)??それもありっちゃありなのか???

でもね。。怒涛の勢いのK-Popブームですが、そろそろ、飽和状態というか新境地が欲しい気がする。かと言ってアイディアだけ先走ってる某ガールグループとか、バンド系は音楽の深さ的に物足りない感じ。2幕くんたちがK-Popの完成品、スーパースターとして世界を駆け抜けながら、どのような深み、新境地を見せてくれるのかが気になるんですよ。王者として行けるところまで行って欲しいと思います。(でも、あんまり無理無理なスケジュールで動いてるのを見るのはイヤなので、SM社も真面目にほどほどにして欲しいとは思うんですけどね...)


対するJYJは進化するアイドル、ですね。

JYJの何が新しいかっていうと、彼らはまずアイドルだからビジュアルが優れていること、ハイレベルな歌、ダンスを見せるK-POPのスターであることに加え、作詞作曲、演出までも自分たちで行うという、全方向アイドルだと言えるでしょう。K-Popがここまで積み重ねてきたその先を行くコンセプト。日本でも三浦大知君なんかがこれに近い。彼は多分、1,2歩JYJの先を歩いているひとで、それは振付にしても、楽曲にしても彼なりの色をもう自分でつかんでいることですね。(なのに、なかなか評価されないのが、もどかしい!) JYJにも、自分達の色を見極めていってほしいなと思います。逆にすばらしいシンガーソングライターなのにかわいい顔してたために、アイドル扱いされて正当に評価されなかったミュージシャンとか、その昔のことを考えたら今はすごい時代になったと思います。

彼らは今現在SMPとは1歩離れた状況。SMPを脱却して新しい境地を開くにはどうするか、が宿題ですよね。

新しいアルバムは方向性がどうこうというより、現在の彼らの中にあるものをリアリスティックに描き出した、という感じ。それはそれで、自分たちの今の等身大の音楽に、とても共感できるところが有った。それから色々な実験的試みもいっぱい。(ところで、どう見ても「ピエロ」はSMPを揶揄したもののような気が。プレジデントじゃないと思う。だからディスっていいってことではないが、人身攻撃とも、ちょっと違うような気がするんですが。)

何にしても自分たちで方向づけ、プロデュースをしていかなくてはいけないってのはすごく大変だと思うし、まだまだこの先を見守りたいです。

2幕神起にはSMPという伝統のパワーがあります。そして一幕から継承された数々の素晴らしい楽曲。しかしそれは、自分たちの財産であるとともに、もしかしたらそれらを守って、かつ乗り越えるということは彼らにとっては大変な試練であり、両刃の剣かもしれません。頑張って欲しいものです。JYJはSMPに反旗を翻した時から、試行錯誤する運命です。いろいろな活動の制約もあります。また彼らに1幕の楽曲は有りません。ですがそれを失って得た自由があります。何かを生み出せる大切な自由です。こちらにも頑張ってほしいと思います。