読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

親と軍隊と戦士な5人

ジェジュン氏が来秋入隊か?

というニュースが出ていたので、ちょっと脱線して東方問題のなかでも
「親」

「軍隊」
について書いてみようと思う
きっと韓国通のトンペンさん達にはもうすっかり事情がわかっていることだとは思うのだが..あらためて書いてみる。

言うまでもなく、「東方神起」の分離劇には親御さんの影響が非常におおきく影響しているように見える
そのことに日本のファンは戸惑ったり
「親をかくれみのにするな」と怒ってみたり
「親がどんなであろうと、最終的には自分の決断」という意見もあれば
「儒教国韓国では親の意見は絶対」という意見もある
なにしろ、一般的な日本人には感覚的に、理解するのが難しい事項だと思う

実は私は、その昔、韓国人の男の子と付き合ったことがあり、なんと彼の「親」(正確には母親)
から別れを言い渡された経験があるTT
(理由は言われなかったが、日本人、ていうだけでも立派な理由?)

そのとき、はびっくりしたし納得いかなかったし
「マザコンにも程がある」と思ったし...
しかし、あとから周りの韓国人の友人たちから事情聴取した結果をあわせて
考えると韓国男子には結構普通のことであるらしかったTTTT

それから、その後、こんなことも聞いた。
「男の子は、入隊前には、大卒であろうと就職だってままならない。ろくな仕事にも就けないし、親は軍隊服務前の男の子は子供として扱う、というか世間的にも一人前の大人の男だとはみなされない」というもの。
複数の韓国人から同様の意見を聞いた。

そうだったのか、と思った。感覚的には解せないけど、論理的には、韓国人の彼の行動の意味合いは分かった。
まあ、そんなこんなで東方神起の分離劇を見ていると、本人達よりも、ともすると親の価値観の対立のほうが、もっともっと深刻だったのではと思ってしまう。

それと、それこそ「戦士」を尊び、戦いを好むお国柄もあるわけで、現在の2人(SM) Vs 3人(ファン)の構図も仕立てられた戦のなかにどちらかと言えば5人が落とされている状況も感じられなくも無い。

だからこそ、わたしはジェジュン氏、それからそのあとに続くであろう他のメンバーが服務を終えて、帰ってきたときに、今度こそ、世間に認められる大人として、自分自身をどんな方向に向けるのか見届けてみたい気がする。

ファンのみなさんは、大変な任務に付くメンバーたちの健康を心配し、メディアに現れなくなる期間を寂しがり、また応援する気持ちでいっぱいなのだろうと思う。

でも、帰ってくるときには色々な面でファンがもっと期待できる展開があるかもしれない。
もっと大人な彼らを見られると思うだけでも復帰後がとても楽しみです。

その時までには、本当に色々な係争になんらかの決着が付いていて欲しいものです。