読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

全然やばくない秋元帝国の逆襲?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000007-maiall-ent参照記事

先月から書こう書こうと思いながら東方神起にはまり倒していたので書けなかった記事。

よっ!アキモト先輩!やってるじゃ無いですか〜
さすがですね、アイドルコンテンツソフトの輸出…
SM帝国でもSJなどは中国ユニットを立ち上げているけど、
現在の韓流世界戦略の中心はハード(つまり韓国人アイドル軍団)の輸出。
彼ら自身が、外国に赴いて動員を行う、というもの。
東方神起、超新星などで見られるように、韓国人アイドルを日本に送り込んでのJ-POPアーティスト化などもその戦略の一部ですしね。そして逆にこれからは韓国にお客さんを呼べ、などと言う声もさかんに聞こえます。ソウルにお株を奪われるか、TOKYO危うし?なのか…どうか?

対する、秋元さん。
AKBノウハウ自体を輸出する構え。
私も先日ちょっと、内需だけ対応してるんではコンテンツの優れた韓流にとって食われるだけ。
などという辛めの記事も書きました。

しかし、やっぱりそこは腐ってもアキモト。今回のJKT48プロジェクトを見て
「はは〜ん」と思いました。
韓流の目指しているところの脇を華麗にすり抜けていってるではないですか。
ハードじゃなくソフトで勝負ね。となりのアイドル、インドネシア版ね。
日本だってそうなように、自国のアイドルに愛着を示さない国民というのも居ますまい。

特に「男」はそう。
今まで海外で暮らしててなんべんも見たけど、
日本人の男性は「日本人」と「和食」にこだわる傾向が強い、強い。
新しい味、外国人を好みがちな女子の傾向に比べ圧倒的に保守的だからね。
人間の2大欲において。しかもこれ、何も日本人に限った傾向ではないし。

とまれ、アキモト流戦術がどこまで韓流に食らいつくか、ようく目を見開いて観察したいもんです。
Jコンテンツはマンガを筆頭に世界的にもうかなりの浸透度があるはず。
しかしこうなるまでにはかなりの時間を要したことも事実で。
だけど、その上に立つなら立地はしっかりしてることになる。
この土台を利用しないで腐らせる手はないのだ!