読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

SMPは傾く(かぶく)、そしてマツコは語る。


先日、ホミンで花柳界、という記事を上げた時に、歌舞伎のハナシもちょっと出ました。

その後、SBS歌謡祭典のSMオーケストラを見て、こりゃ、お遊戯会だ、中国雑技団だと皆さんと言ってたわけですよ。うちのブログに来ていただくみなさまの眼光の鋭さと言ったら。いや、私も容赦なく言いたいことは言う方だとは思うんですけどね。え?だから、嫌韓じゃないですって。でもね、議論も文化摩擦も健全なレベルで必要だよと思うわけ。

ですよね〜。皆さん?
で、やっぱりSMPは現代の歌舞伎だな〜と今日あらためて思った次第。

なぜかって言うとですね。。。

東方神起における「絵島」の大量発生。あの「大奥」における「絵島生島事件」。
これ知ってますよね??あの、仲間由紀恵の「大奥」でも?よしながふみさんのにも入ってますか?ごめん、書籍だけは海外では追いつけないので、どなたかフォローお願いします。ようするに、歌舞伎役者の生島に入れあげた大奥年寄の絵島のスキャンダル事件ですね。

特に、東方神起のパフォーマンス、今SMPの最高峰ですね。で、皆さんがご指摘になるのが「下半身」これなんですわね。もちろん私自身も含め、ですけれど、「イイトシぶっこいた」淑女の皆さんがですよ、なじぇアイドルなどに下半身を危うくされるのでございます?ん?

歌舞伎(かぶき)/傾き、の語源は、頭を傾けるような異様で斬新な風体...。最新ファッションに身を包んだ役者(しかもすべて男)が舞台狭しと飛び回り、踊り、演ずる見世物であった歌舞伎は、衝撃的で、扇情的で、魅力的。舞台の仕掛け、からくりも発達したと聞きますし、衣装などのデザインもこの時期発展したと聞きますから、そういうの含め、さぞかし江戸の女たちの下半身を直撃したことでございましょう。役者は今でいうところの、アイドルとホストを兼ねるような存在か。熱狂する、それが歌舞伎なんでしょう。へたをすると思考する立地を危うくされるんですよ。頭に血がまわんなくなるから。。。

しかもですよ、舞台の上で演じられる恋愛ものとか、濡れ場とか女形がやりますし、ぶっちゃけ皆、男X男とか知ってるわけですよね?それで「萌」な、わけですから、腐女子の起源って70−80年代かと思ってたけど、違ったんかい><って!(ま、それ言っちゃうともっと遡らねばなりませんけどね。)まあ、こうして歌舞伎を時代を風靡する風俗とすれば、なぜK-POP、SMPがこれだけ人気なのかもわかりますよね。ダイナミズムがほぼいっしょなんじゃん、と思いました。要するにそこに「純粋な快楽」が存在するからなのだ。と。

生島って江戸の東方神起だったんだね...

で、生島はそれが町娘達ならともかく、大奥の「年寄」まで篭絡しちゃうわけですよ。絵島生島事件起きた時の、絵島の年齢って30代でしたか?人生50年くらいの時代ですよね?東方神起のファン年齢も30代、40代率とても高いんですよね。それが、あたかも乙女のごとく、集団「セカンド・ヴァージン」。まあ、そういう時代背景含めての現象じゃありますわね。

これが、アメリカならティーンアイドルにうつつを抜かす、かーちゃん達とか、ふつーには考えられません。居てもマイノリティ。例えば、「ジョナス・ブラザース」とか「ジャスティン・ビーバー」は8才から、12才位までかな?萌え始めるお年頃のお子たま用な彼らに真剣にはまるかーちゃんなんて痛いだけですって。ホントに。

そしてね、自分の考えてたことのバカさ加減に気づいたんですよね。今回。日本はJ-POPでアメリカ攻略しようと思ってた昔がありましたよね?それが今回、K-POPがアメリカに上陸して悔しいとか、しっかりしろとか思ってたんだけど、違うわ!!!マツコ様のが正しい。。(あ、それとあの、下の番組のなかの発言で、K-popはビルボードチャート有りって言ってましたが、J-Popチャートは10年位前じゃない?出来たの。とにかくとっくの昔にありますわ。賑わってないけど。汗)K-popの実力は上にも書いたように認めます。ダンスの実力が特にただならぬものがありますね。でもね、確かにK-popの「音楽」はアメリカのパクリもだけど、甘すぎるわ。それと、R&B、Hiphop要素高すぎで、Rainすら、Stephen Colbertっていうコメディアンに馬鹿にされてましたからね。

まあ、北米市場はめちゃ難しいわ。ガガ様の記事も今書いてますが、どうして北米で彼女が受けるのか考えてみればK-popがしなきゃならないことがわかると思うんだけど、どうしたってこの「歌舞伎」を受け入れる深さが米人にあるのかは現時点ではう〜ん。。。です。でもこれ市場自体の問題だから、市場をどうにかしない限りどうにもならない、てのが前提ですよ。

上に書いたように硬直した北米市場なんてそんなとこにJ-POPがわかるわけない。売り込んでも無駄。気づくのが遅すぎた。自動車産業だってあれだけローカライズに「失敗」してるんですから。(つまり日本化を徹底する部分ができずに、逆にアメリカナイズされちゃってますからね〜。返り撃ちに遭った状態。)

マツコ様のおかげで、私、認識し直しました。日本には世界で一番優秀なお客が居るんだわ。もっとも先鋭化された市場。確かにJ-POPは輸出しなくていい、もう。昨日のマツコ様の言葉で気づいたの。無理せずとも、ほっといたら、漫画のようになるから、せっせとアニソンの翻訳と、ガイジン歌手のJ-pop化にでも力を入れたほうが近道かもしれません。いってみれば、市場の成熟を助ける、育てるような形?をやってくって事ですかね。

追記:お友達ブロガーとみさんが当記事への援護射撃で素敵な書籍を紹介してくれました。
ココです。覗いてみてね。

という訳で、動画お借りしてきました。

    • >