読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

ユンジェの力学 腐女子の本懐

TVXQ記事にしようか、こちらにしようか迷いましたが、やっぱり話の性質上こちらに分類しておきたいと思います。

(^^)こほん。

私のブログにも、ユンジェ好きな方、沢山いらしていただいてます。で、基本、ワタクシ現在は着脱タイプの「腐女子」という立ち位置です。え〜トシかっこいて、なぜまだ「腐女子」というか〜って?
今説明しますね。

まず、こういう話題をするにあたり、自分の内側見せることが、皆さんに対してフェアだと思いますので、そこからです。このフジョシズムのはじめにも言ってますが、今は腐女子人口、激増してます。
ある意味、K-POPや東方人気なんかも、ここに牽引されていますよね。
しかも、アジアだけではなくて北米や、ヨーロッパにも拡大中。

腐女子という事象が公認されるにつれ、それによる「違和感」というものを感じなくなってきますよね。今って、グラドルやら、age嬢とかにも腐女子いるみたいですもの。でも、私が腐女子を自覚し始めたころって全く違ったんですよね。

思春期。自分の「女子」としての「性」をなかなか認められない。恋愛にあこがれはするけど、男性が怖い。怖いのは現実に自分が彼らの「性の対象」になるから。「女子」としての自分の存在そのものが違和感。そこから抜け出した自由な場所が「BL」なり「ホモセクシュアル」のお話、そういうものだったと。そこに自分のセクシュアリティーに全く関係の無い「恋愛」があったんですよ。描かれているものが、性愛であると同時に混じりけのない恋愛であること、それがものすごい「救い」。これが私の一義的な腐女子化、でした。この時期、マンガ等の収集癖、同人、そりゃあ、ハンパありませんでした。このまま行けば多分、真正腐女子だったんでしょうが、幸か不幸か、その後自分、かなりな「女子期」を迎えました。

まずは、女子に生まれたんだから、女子を楽しめばいいと言うことに気づき、男を怖がるよりも自分が振り回せばいいのだということに気づいてしまったゆえ、実行。その後は時々思い出したようにBL読むとか、その程度に落ち着き、今に至るまでは、「萌え」が必要とあらば、腐女子メガネで対応する状態。しかし、寄る年波に勝てるわけもなく視力(女子度)が落ちた今は、腐女子眼鏡をかけっぱなしという事も多いですね。(近視と似たようなもので、萌を見るときに、女子=普通の裸眼、では対応できない時があるってことです。でも、海外なんで、はっきり言って商業BLとかには全くついて行けてません…)

けど、結局のところ、腐女子メガネをかけてるときの自分というのが、やっぱり「思春期の自分」なんですね。貴腐人だとか、何とか色々言い方あるみたいですが、人様に呼ばれる時は別として、自分で自分を呼ぶときは「腐女子」なんだろうと。。。。

てなことで許してやっていただけますか?もちろん皆様がワタクシめをどう呼んでくださっても全く構いません。
好きなように呼んでくらさいwww

はあっ、やっと本題。

んで、ですね。
とりあえず、なぜに「ユンジェ」が中華圏でそんなに人気あるのかって事です。
それはもうひとえもふたえもない。

快楽主義。これですよね。

つまり、中国のカシちゃん達にとっては、法廷闘争だとか、信義だの、仁義だの、そういう煩わしいことや、毒いっぱいな情報よりも、「恋愛」が大事なの、「恋愛」(男同士のな!)。だから「ユンジェ」がいいのよね。

「ユンジェ」は多分、私が思春期に思い描いた様な「ピュアな恋愛」(見えてる部分)と「ピュアな性愛」(妄想部分)を同時に体現するからこそ、こんなに支持があるのだろうと思うのですが、そこいらの空間で私のこっぱずかしい告白を見ている新旧腐女子の皆さん、カミングアウトして下さいませんの???これってある意味、腐女子の「本懐」でございますわよね?

いや、私腐女子メガネ実は必要じゃなかったんですよね、「ユンジェ」に関しては..
「萌」ではなかったです。「癒やし」ですね。初めて動画見た時から今までずっと。
普通に男女カップル間のケミストリー見ているようでした。

まあ、腐女子にはそのコアな部分にどストライク。直球で決まっちゃう。そういうところでしょうか。ユンジェというものは。そして「救われる」…

そしてこれすごく大事なんですが、この騒動で、二人は別れ別れになってしまいましたよね。
それまでも王道とは呼ばれてましたがSM社の腐向け戦略のひとつである、CP「ネタ」に過ぎなかった二人はこれによって完全に「リアル」になってしまった。そして、リアルしかないという今のほうが、却って人気度高いんじゃないのですか?

で、先ほど、中国カシちゃん達の事を、「快楽主義」と書きましたが、これって単に、男と男が絡んでりゃあいいとか、エロけりゃいいとかいうもんでもないですね、多分。意外と洗練された「恋愛」と「萌」にまつわる情感を愉しむように彼女たちのセンスが出来上がってきているのと、そういう部分に大きな価値観を置いている(だってバブル期だもん)ところが彼女らの彼女らたるところなのでしょう。

もちろんSM社にしてみると、これを前提のEXO戦略なのでしょうし、SJが今まで「どんだけ」ファンサービスしてきたか!!どんなことするのか、面白くはあるんですが。腐女子の進化もあって、ネタならなんでもみたいな風潮がありますが、あざとすぎるのって好きじゃ無いですね。萌えないし、人権どうなってるのって思うから。

人権ってね、つまり。賢明な腐女子の皆さんにはちゃんと理解して頂けるとは思うのですが、好きなカップルだからって企画社に「こうさせて」「ああさせて」とか言うのは、「性接待強要」に近いものがあると思うってことです。(大げさ?)映画とかならわかるんですが。3次元っていうのは、本当に危険だと思います。

とりあえず今日はここまで、次に続けます。