読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

ユンジェの力学6 ー捕われのユンジェ。。。

「ユンジェ」。

がちだとか、リアルだとかいう方も居れば、単に某社の腐女子戦略であるとか、過去だとか、皆様の中では色々な姿で捉えられているのでしょうね。この二人。もちろん過去には企画社の仕掛けた腐女子戦略の最大の象徴でもあったでしょう。

私は現在の彼らを「リアル」と表現しますが、でも、それは彼らのセクシュアリティーをどうであると断定、あるいはこうだろうと推定やらする事では無いという事、お心に留めておいてくださいね。特定人物のセクシュアリティーについて云々する気は毛頭ないですし、それはプライバシーにあたることだと思っております。そして、ここにはそういった妄想のたぐいも置いていない、、、いや、妄想することは自由ですけどね。もちろん。

「力学」を書くときは、東方神起という事象(腐女子現象含め)の中で、二人の存在が、音楽が、発言が、行動が、動画、画像での佇まいが、はっとする関係性、コントラストを見せているとき、、、それに自分が気づいたとき、それを書き留めておこうというのが主旨です。離れて活動する二人であればこそ、何かがシンクロする、あっと思わせられる。。。。そんな部分です。

え〜、で今回はキャッチーな話題で行きますね。
(もう、既になうでぼそっとつぶやいたら、SAKIちゃんに見つけられてしまいましたがwww)

はい、じゃ、写真2枚。

$Colorful Sphere

$Colorful Sphere

目隠しされた、ユノ氏。

テープでぐるぐる巻かれて体の動きを封じられたジェジュン氏。

これは、対照的ですね。

まずは視覚。視覚から人間はかなりのクリティカルな情報を得ます。健常者にとって突然視覚を奪われるということは、どのような意味合いを持つでしょうか?体は自由で拘束されていなくとも、もしも視覚を奪われれば、今いる場所の一歩先が崖下だとしても、見えない。方角も知りえない状況では、1歩を踏み出すことすら命の危険を伴う重大な危機となりえます。

一方、辺りを見て情報を得ることができても、肝心の自分の四肢は動きを封じられている。この状態はどうでしょう?何もかもが見えているのに、拘束され、身動きができない。大切なものが危機に瀕していても手が出せない。こんな状況はどうでしょうか?

もしご自分であれば、どちらの拘束をより恐怖に感じますか?

関連項目も追加して考えてみましょうか。

犬。。。ドーベルマン。ハスキー犬。「ユンジェ」周りに写真たくさん上がりました。
そしてジャッカル、あ、ジャッカルは野生ですね。基本、飼うことができませんよねww
でもって犬は主人のために攻撃を厭わない。。。
犬には、盲導犬もいます。目が見えぬ主人を導く。

ああ、そうだ。猫もいました。犬の手綱を持った猫も、いましたね。猫は何かな?

そして、目が見えなくても、体が動かせなくても「音楽」は聞こえ、「歌」も歌えます。
。(写真の二人に共通して自由なポイントです。)

私が二人の関係で思うのは、どちらかがどちらかを一方的に支えるのではない、絶妙なバランスの関係性。その呼応するバランスが、今なお続いている事が非常に面白い。

現在の二人の状況。いろいろな情報をみなさんが得られていることと思います。そしてこの写真、、、決して意図しているわけではないのに見事にクロスしてしまう。

皆さんはどんな風に思われたのでしょうか?