読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

Passion Pit - Constant Conversations

"Constant Conversations"

That you never leave
Ooo ohooo ooo, never
That you never ever leave
That you never, never

君はいなくならない
絶対に
君は絶対に絶対に 去ろうとしない
どうしても

Well you're wrapped up in a blanket and you're staring at the floor
The conversation's moderated by the noisy streets below
I never wanna hurt you baby, I'm just a mess with a name and a price
And now I'm drunker than before, they told me drinking doesn't make me nice

そう 君は毛布にくるまって 床を見つめてる
階上に届く通りの喧騒で 僕たちの会話は緩慢になる
君を傷つけたいわけじゃないんだ  ただ僕は名声とその代価にまみれているだけ
そして 僕は前にも増して酔いどれてる ひとには酒は君を良くはしないよと忠告されたけれど

You never know where some people will go
Yeah some people been hurtin' me
You can tell by look, by the slightest crook
In the neck or the blink of an eye

ある種の人たちはどこまで行ってしまうのか わからないよ
そう 僕を傷つけ続ける奴らがいる
見たらわかるよ 首筋のほんの些細ないびつさや まばたき一つでわかるんだ

Well then we'll see what they say and we'll do what they do
But that doesn't mean a goddamn thing
You can listen if you want, you can listen if you don't
Yeah they'll talk, yeah they'll even sing

ああ それじゃ 人々の言うことがどんなものか 彼らがするようにやってみようか
だけど そんなものに 実際全然意味はないんだ
もし望むなら言うことを聞けるし、望まなくても聞くことはできるよ
そう そいつらは話をし 歌いさえもする

Everybody now, oh oh oh oh oh
They come singing through the window, singing through the trees, yeah
They're singing through the bright spring leaves
Everybody now, oh oh oh oh oh
Yeah I love you and I need you, but someday you're gonna need to
Find some other kind of place to go, oh

皆 今だよ... oh oh oh oh oh
それらは窓から、木陰から、そう春の鮮やかな葉影から歌いかけて来る
皆 今だよ... oh oh oh oh oh
そう 僕は君を愛してる 君が必要だ だけどいつか
君は別の種類の場所を見つけて 去らなけりゃならないよ 

But you never leave
ooo ohooo ooo
Never
But you never ever leave
But you never
Never

だけど 君は去ろうとしない

絶対に
絶対に どこにも行こうとしない
どうしても どうしても

Now you're standing in the kitchen, and you're pouring out my drink
Well there's a very obvious difference, and it's that one of us can think
If there's a bump in the road yeah you fix it,
But for me I'll just run off the road
But tonight you've got me cornered, and I haven't got a place to go

今君はキッチンに佇んで 僕の酒を流している
そう とても明らかな違いがある それは僕たちのうちどちらかは 考えてみる事ができる筈
もし路上に邪魔な出っ張りがあるとして そう 君ならそれを直す
だけど僕は道から飛び出してしまう
だけど今夜 君は僕をコーナーに追い詰めた そして僕には逃げ場が無い

You never know where some people will go
Yeah some people been hurtin' me
You can tell by look, by the slightest crook
In the neck or the blink of an eye

ある種の人たちはどこまで行ってしまうのか わからないよ
そう 僕を傷つけ続ける奴らがいる
見たらわかるよ 首筋のほんの些細ないびつさやまばたき一つでわかるんだ

Well then we'll see what they say and we'll do what they do
But that doesn't mean a goddamn thing
You can listen if you want, you can listen if you don't
Yeah they'll talk, yeah they'll even sing

ああ それじゃ 人々の言うことがどんなものか 彼らがするようにやってみようか
だけど そんなものに 実際全然意味はないんだ
もし望むなら言うことを聞けるし 望まなくとも聞くことはできるよ
そう そいつらは話をする 歌いさえもする

Everybody now, oh oh oh oh oh
They come singing through the window, singing through the trees
Yeah they're singing through the bright spring leaves
Everybody now, oh oh oh oh oh (Sing it loud, sing it loud)
Yeah they love you when they need you, but someday you're gonna need to
Find some other kind of place to go, don't you know
Oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh

皆 今だよ... oh oh oh oh oh
そいつらは窓から、木陰から、そう春の鮮やかな葉影から歌いかけて来る
皆 今だよ...oh oh oh oh oh(歌って、歌って 大きな声で)
そう そいつらは君を愛する 君が必要なときには だけどいつか
君は別の種類の場所を見つけて 去らなけりゃならないよ わかっているだろ?
Oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh
_______________________

ボストン出身の5人組エレクトロポップバンドのPassion Pit。後日また取り上げようと思いますけど、現在ポップ界に大きな影響力を与える勢力になりつつあるバークリー音楽院出身メンバーが中心です。(SME社所属、Humanoidsの制作メンバーのKenzieさんも卒業生ですね。卒業生ページに載ってます。そして、ドラマSPECの主題歌造った、The Ricecookersもここ!)

Passion Pit取り上げるのは二回目。前回は、怖くて歌詞を訳せないと言ってたんですけど今回は訳してみました。少し怖いのはヴォーカルのマイクの双極性障害が、歌詞の内容に現れている為なんですが、この曲には、それによる彼と妻との関係、アルコールの問題なども盛られてます。

一概に言えないのですが、やはり双極性障害の人は、人との関係そのものが大変な場合が多いですよね。でも、この曲には実は彼個人の局地的な問題だけではなくて、人間の愛やら生や性へのコンスタントな欲望、老いや死への恐れ、社会や、音楽ビジネスのあり方なんかもひょこっと顔を覗かせる。一つでいく通りもの感じ方ができる。そもそも病気とそうでない状態を分かつ分岐点はどこなのか?中にいる人間でなく、入れ物自体が病んでいるとしたら?病的な状態が常態とも言える彼が、創り出す音楽が多くの人に受け入れられる事実。。。

MVを見ていただけると、言わんとする事をより理解してもらえるんじゃないかと思うんですが、彼らはインディーやオルタナティブと言われるジャンルに属しながら、昨年出したアルバムはメジャーのランキングでも上位です。最近いわゆる「ポップスター」ではなく、サブカルである「ヒップスター」がアメリカのポップカルチャーの中で台頭してきているのですが(壁が壊れていくような現象がおこってます)、彼らなどはその旗手と言える存在だと思っておりますね。MVもとてもスタイリッシュで面白いです。

追記その2:今さっき、彼らの日本サイト見ました。ダンスポップだというかるーい扱いにびっくり。言い忘れましたが、彼らは多分パフォーマンスバンドじゃないです。で、ダンスフロアでもあんまり。。。かからないんじゃないかなあ。エレクトロポップだって、ダンスばっかりじゃないもん。ついでにEDMとかに言及しとけば、舞台上でダンスを見せないダンス音楽、が最近主流化して来てますねーーー(以前にご紹介したScrilexみたいなのね。。GirlTalkとか)

では、どうぞ!!

動画はお借りしています。

追記その1:実はこの曲がぽっと浮かんだのは、おじぇー様の『KissB』を聞いて、なんですよね。変ですか?まあ、変かもしれませんが、これもここに来る変態さん達ならわかってくださるかもwww