読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢のみとりz

見取り図を書いたり、看取ったり……黙って見とれ?はいはい。。。

K-Popと腐女子市場と「ユンジェ」

野村総研によれば、最新の日本国内の腐女子マーケットは213億円ほど

なんだそうですね


で、これは商業BL(書籍、電子書籍、DVD CD等)の市場規模を指しているのだと

思われます


数年前にNHKで放送された特集番組では兆の付く金額だったと思いますので、同人ものやら、

その他周辺産業諸々を含めたら、きっとそのくらいは行くんでしょう



まえにネットで見た記事で、どうしても今見つけられないんですけど

20代後半から30代の女子のなんと42%が(2が細かいね)

とかいうのも有りました


って、どうなの??これ、すごくね?エラいことっすよ。女子10人居て、4人がそーだったら?

これはもはやマイノリティって言えるんだろうか???


でもって最近、ふらふらと動画サイトで遊んでいたら

何か目に付く...

ふうん、K-Popねえ…

綺麗な男の子たちが踊ってんだねえ(ちなみにSuper Juniorを見てました、このとき)

そして、画面の下に目をやると、質問してる子がいる。英語圏の子からかな?

答えてるのは、英語がたどたどしいから、韓国か...もしくは日本の子?


以下テキトーに訳:


Q:サウスコリアのボーイバンドの特徴って何?

A:えーとね、それはファンサービスしてくれるところかなー?ステージでメンバー同志が「スキンシップ」してくれるところ...

Q:????


私:へ???ヾ(@°▽°@)ノ 今なんとおっしゃいました?スキンシップって英語、無いからね!そこんとこ気を付けんのよオジョーさん!!



じゃ、



なくて



するの?すきんしっぷ???


そ〜いうわけでまんまと、SMEの仕掛ける

エサに釣られた訳ですね 


動画見ていくと...


してたわ、おもいっきり。。。。ステージでちゅーとか?だっことか?

はぐはぐ。さわさわ。しかも楽しそーに???


しかもこれ、会社がかりで

思い切り、腐女子向けだろうてなビデオが制作されてたり、

メンバー同志を「カップル」にしてその人気を競わせたり

もう組織的、ピンポイントで腐女子狙い( ̄□ ̄;)!!



そりゃ、腐女子石器時代の私なんかの世代でも

ミュージシャンをカプるのは定番で、ミュージックライフの伝説のコーナー

He said She saidなんかにはひっきりなしにそういうイラストが載ってましたけど。石器時代だから(笑

でも

それってミュージシャン側が「見して」くれるもんじゃなくって

さあ、あくまでもこっち側からの妄想だかんね(一部例外もありますが)



先ごろから、台湾の女子の腐女子化がヤバイ、とか

タイもすごいぞ、とは聞いていた私。

韓国よ、お前もか...しかも商売か...これが普通なんか?あっちでは..

進んどるのう..韓国う


と、

気づけば
ますますやばいことには、これにハマってるらしい大量の、しかもそのなかにかなり妙齢の軍団をふくんでるらしい腐女子群発見...


そうです。。。かの「東方神起」のファンの皆様ですね。中心世代、アラサー、アラフォーだとか?

んで、疑問が...

野村総研さんカウントの腐女子市場の大きさって単にBLモノってことだよね。K-Popってそこに含まれてないんだよね。つうことは、あんた、これ腐女子市場をK-Pop市場に組み入れるってゆう荒業じゃないの?すごいとこ狙ってくるねえ。。。だって腐女子は確実にお金落としますよ。


わー、ほんとあったまいい!!


って、しかもこれ今や世界中に拡散する動きでしょ???

ここで出てきたのが...
「ユンジェ」..SMEが作り出した最高傑作??言わずとしれた「東方神起」のユノ氏とジェジュン氏のカップルですね。王道やら、一部では天道やら呼ばれてるご様子。どんだけフォロワーがいるのか実際わからないのですが、えっと、用語で言うとShipper?世界中にいるらしい。

YouTubeで見る限りでも、日本語、英語、ドイツ語、中国語、タイ語、スペイン語と確認できるだけでも6−7ヶ国語のコメントが乱れ飛んでます。ファン作成の動画がおびただしい数アップされて...

もうこれは「ユンジェ」現象とでも言うしかない。。

しかもありえないことに、東方神起が分裂劇を起こした後からでも
新しく「ユンジェ」ファンになりましたというコメントも多い。


これは何なのでしょうか?

まあ、少なくともこれだけ膨大な数の腐女子を(しかも腐女子じゃなかったのに、はまったって言う人も多いみたいですね)、しかも国籍もまたいで納得させられるだけの圧倒的なケミストリーがおふたかたには有ったんだということですね。

ユンジェはそして腐、というカテゴリーすら凌駕してしまったらしい、ということも特記すべきです。だって現代腐女子のセオリーは火のないところに煙を立てるのが正統ですよね。何もない男2人とか、野菜だろうが、国家だろうが有機物、無機物問わず、とにかくなんでも、妄想の対象になりうるわけですから。そこから1歩離れたところにユンジェは位置してしまった。

ユンジェの場合、どちらかというとその醸し出す「恋愛」の雰囲気に皆がやられてしまったといえるのではないでしょうか。ちょうどブランジェリーナが付き合いだした頃。。。アンジェリーナ・ジョリーが、あのセクシーな唇で、「私とブラッドは大変なときに肩を貸し合ういい友人なのよ」とかなんとか言ったって、周りにはそのケミストリーはただの友人とは信じがたい。

でも、単にそれだけでもなかったところがまたユンジェです。二人がパパとママ役を果たして、取り巻く息子たち3人を加えた「家族」、その暖かさに多くのファンが癒されたらしい。絶対的に他のカップルを大きく引き離したのはただ単に>「萌え」とか「ネタ」だけではなかったところ。つまり理想の夫婦、理想の家族の姿をミュージシャンとしてのパフォーマンスの秀逸さと共にファンは彼らに見いだしてたのでしょう。彼らの、暖かい素の部分と完璧な音楽パフォーマンスの両方が相まってこれだけの人気の広がりを得た。

もう一つ言うと
インフラというか、時代が確実にユンジェを後押ししたという気がしてます
なぜなら

?YouTube
2005年設立で2006年位から、米国では一般化。ネット文化の早い韓国でも同じくらいかな?日本では正式サイトオープンが2007年くらい。そしてニコ動がつづく。時期がドンピシャ。動画メディアの存在なくしてユンジェ現象語れない。まさに動画メディアとともに成長してきたユンジェ。すごい。
?フォトショップなど画像処理ソフトの一般化
無料のソフトもたくさん用意されて、画像処理がぐっとお手軽になったのも2006−2007年あたりからか?

?デジタル音源
これもだいたい時を同じくして一般化。

こんだけの環境が揃ってたことが運命的。


て、

これから、どういうふうになるんでしょうね。

SMEの商品であることを止めた「ユンジェ」の運命...

(あ、でも、まだ売ってますね。相当なロングセラーでしょうね。新規ファンが後からでもついてくるって言うことは。。) 分離が招いた損失も多々あったでしょうが、こうして新規ファンを得ているということ。分離劇すらポジティブに変えられる東方神起パワーも半端がないってことです。まさに神だわ。

SM社としてはやっぱり腐女子市場を逃したくないので新たな勢力をホミンに誘導しつつも、過去版セールスのためにはユンジェもキープする、そういったところ?でもねえ、ちょっと思ったりするんですよ。もし、仮にですけど、万が一、本当に誰かが誰かに真剣に恋愛していたら、マジボレしちゃってる人間に、そんな猿芝居みたいな状況は辛くないのか、どうなのか?それこそ人権問題からまないのかしら?

なんか、今は5人の若者のリアリティー番組を見ているような、そんな気持ちにさせられる近頃の東方神起とJYJの状況ではあります。ユンジェス卜のみなさんはきっとそんな5人の幸せを強く願っているのでしょうね。そんなみなさんを私はフェミニストもじって「ユンジェミニスト」として陰ながら見守っておりますよ、ハイ。